ホーム > 生活 > 在留 ビザ

在留 ビザ

在留 ビザの申請をするとき、入国管理局が要求している必要書類のみを添付するだけではうまくいかないときがあります。むしろ、あのホームページ等で要求されている必要書類は入管が在留資格該当性を判断する際の、最低限必要な書類なのであって、あれだけだしたからといって、在留 ビザの更新やら変更やらがみとめられるわけではないのです。そこが、行政書士さんの腕の見せ所なのであって、それは、裁判である事柄を立証するのと、なんの変わりも無いのです。在留 ビザのカテゴリーは、色々ありますが、自分の周りで意外に多いのが、定住者ですね。あれは建前では日系人とかに与える在留 ビザのようですが、実際のところは、離婚定住と言って、日本人の奥さんが離婚したあとに与えられるケースが多いのです。在留 ビザは重要です。


タグ :

関連記事

帰化申請
帰化申請をしようと思って法務局へ出かけました。最初は、帰化申請をするのに何から始...
帰化申請 出入国歴
帰化申請の際の出入国歴の取り扱いが変わるのだと、友人の行政書士の先生に聞きました...
蒲田の行政書士
今、蒲田駅または京急蒲田駅の周辺で行政書士の先生を探しています。蒲田駅の前には大...
帰化申請 取下げ
帰化申請をするために、法務局のホームページをいろいろ漁っていましたが、あまり参考...
在留 ビザ
在留 ビザの申請をするとき、入国管理局が要求している必要書類のみを添付するだけで...
アポスティーユ 年金証書
アポスティーユをとろうとしている無犯罪証明書は、本人で無ければいけないことが判明...