ホーム > 日記 > おかあさんがとてもニキビ肌で私本人も中学か

おかあさんがとてもニキビ肌で私本人も中学か

おかあさんがとてもニキビ肌で、私本人も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた今でも、ニキビができやすいので、顔面のお手入れは意識してやっています。そして、三歳になる娘もお鼻あたりの毛穴に角質がつまり始めています。痛ましいことに絶対にニキビ肌になりそうです。



遺伝とは怖いと思いました。
私自身、赤いプツプツが額に目立つくらい出てきた時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、治療をしてもらうことにしました。


医師から、これを処方しますので、塗布して下さいと伝えられ、ステロイド系の薬が向いているとの診断で、処方されました。

ステロイド系の塗り薬の効果は抜群ですが、弱い薬ではないので、患部が治ってきたら塗る回数を微量にしていかないとならないそうです。


白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけると爪で中身を押し出してしまいます。中からニキビの種が飛び出してくるのが止められないんです。ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。



そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、白いニキビができるとどうにもこうにもつぶしたくなって、また中身を出してしまうのです。


ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、例えばフェイスタオルやメイクに使うスポンジなどを共有で使用したり、直接肌が触れてほったらかにして洗わずにいると、ニキビの原因であるアクネ菌がうつることがあります。また、自分のニキビを触った手で、顔の他の部分に触れると、その場所にもニキビができてしまう可能性があります。ニキビが出ると潰すのが常のようです。しかし、潰すと跡が残るのでやめろ、というのが常識的な意見です。
極力早く治すには、ニキビ用の薬が最良かと思います。潰したニキビ跡も治ります。
顔を洗って化粧水・乳液で肌を整え、ニキビのところにだけ薬を塗ります。ニキビを気にしているからといって顔を洗いすぎてしまうと、必要な油脂をも洗い落としてしまい、よりニキビがひどくなることもあります。



どんなに多く見積もっても洗顔は一日に二回程度にしましょう。



大切なことは洗顔料をしっかりと泡立てて、お肌には直接手を触れずに、あくまで泡で洗顔をすること、洗顔後は間を空けず保湿をすることです。角栓によって毛穴がふさがることが、ひとつの、ニキビができる原因です。
気になり、つい角栓を指で押しつぶして出しちゃったりすると、それが原因となってニキビ跡ができてしまいます。
角栓ができてしまわないように、そして、ひどくならないようにする為には、肌の保湿をしっかりすること、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、重要です。ニキビがひどくなった時には、石鹸を用いてピーリングを行うようにしています。
ピーリングを初めてした時には、お肌が少しヒリッとしました。

それで、ちょっぴり怖くなって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、ヒリッとした感覚が消えて、ニキビがキレイに改善されました。


それからは、ニキビができるとピーリングを行うようにしています。ニキビは男女にかかわらず、難しい問題です。
少しでもニキビを防ごうと対策をとっている人は多数いると思います。


ニキビのお手入れ法として有効なものの一つに水で洗顔する方法があります。ニキビができた途端に、しょっちゅう洗顔ばかりしたり、洗浄力の高い洗顔料を使って洗顔したくなりますが、これは危険なのです。少し前、連続して徹夜をしてニキビをみつけました。



私はすぐニキビができる方なので、ちょっと肌に負担を感じるだけでブツブツ顔になるのです。どんなに忙しかろうとも、できるだけ早く寝てよく眠るように努めています。ニキビは睡眠不足によって引き起こされるものだと思います。お嬢様酵素 薬局

関連記事

高収入モニター|「治験ボランティア」につきましては...。
高時給だからと言って、そのすべてのバイトがあなた自身に向いているとは断言できませ...
現金化福岡|ネットでは多くの消費者金融を比較したサイトが存在していて...。
とりあえず「消費者金融の口コミ」というキーワードで検索をかけると、星の数ほどのサ...
葉酸は厚生労働省が公の指定で妊娠
葉酸は厚生労働省が公の指定で、妊娠初期から摂取する事が好ましいと公にしている栄養...
おかあさんがとてもニキビ肌で私本人も中学か
おかあさんがとてもニキビ肌で、私本人も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた今...
日本国籍取得は、パスポート目的ではないですよ?
日本国籍取得のメリットのひとつとして、多くの外国人はパスポートをあげますね。日本...